2018年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016'12.22 (Thu)

成長中なんです

って笑顔で言ってた、

今でも十分すぎるくらい、とっても素敵で良い生き方をしてる大好きなソウルブラザーのことばが胸に響いて忘れられず。




充実した北海道、旭川生活。


毎日朝5時前後には起きて準備して夜10時くらいには就寝。


山へ向けて走っていると朝日に照らされた雪山が綺麗で。


数年ぶりの旭岳。


切磋琢磨しあえる仲間たちと 登っては滑り、登っては滑ったり、飛んだり。



天気の良い日はひとりで。ロープウェイで姿見駅までいってハイクアップ。




気を引き締めて

しっかり判断しながら一歩ずつ広げてく。




緊張感は常にあるけど、美しくて雄大な山々を見ると安心感があるのはなんでだろう?


たぶん、これもきっと宇宙からのメッセージだと。


応援してもらってるような、背中を押してもらってるような。


そんな気持ちにさせられます。



中学生のころ、お兄ちゃんと一緒に ここへ何度来て、スノーシューも履かず胸パウのハイクアップを数時間してたなーとか。キツくて半泣きだったなぁ。







あのとき見えなかったものや

(まだまだ未熟者だけど)


今だから 気付けたこともたくさんありました。



誰もいない山や森の

静寂

“無心”に還るような感覚

あのじかんが、大好きです。






;楽しかったり怖かったり、さいこー!って言ってたり。


自分の未熟さを痛感したりするときもあれば、自分自身をプッシュして何かが見え、やっとじぶんを信じれるようになったり。


その先にあるスノーボードはやっぱり言葉にならない。


そこからしか見えない景色がある。




中学生のころから旭川でいつもつくってた、家からすぐの裏庭ジャンプ。


先が見えない細くてガタガタのアプローチから

久々に 鬼踏みのフル直滑降で突っ込んでたおかげで 少し心に余裕ができた、かも?



旭岳でひとり、どこをいくか考えてたときも

ここいけるかな?どうかな?ちょっとこわいなー。でも行けるかも。

いや、いける。


に変わってきた。


ちょっとずつ ほんのちょっとずつかもだけど。


今日も明日もあさっても、自然の恩恵に感謝しながら雪のうえに居れる喜びを踏みしめて登っていきましょ。まだまだつづく!


08:47  |  加藤彩也香  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'12.10 (Sat)

修行中


旭川は良い雪が降り続いてます。





最近は中学?高校ぶりに、沢山の思い出があるここ。

カムイスキーリンクスをよく滑っています。




毎日家に着く頃にはくたくたで


最後は力入らなくなるくらい足パンパン


この足が燃えるかんじ、きらいじゃない。


しあわせだ~~


色々思い出してきたり、気づかされたり。


やっぱり北海道に来れて良かった。




ふとウィスラー滑ってる感覚になる、

それぐらい滑り込めるここが大好き。




旭川ローカルでもある啓介くん(SALOMON)と恭平くん。


上手くてかっこいい滑りするふたりと滑るのは最高に楽しいっ


必死に追いかける背中











胸の内にあついものを秘めてて、イケイケな良い滑りをする、中学生くらいからいっしょにスノーボードしてたようすけ(FLOW)






良い雪、良い山ですきな人たちとスノーボードするのはやっぱり最高で。






いっぱい良い刺激をうけてます。

もっともっと上げてこう~~



今日もこの景色のなかに居れるのが
最高にしあわせです。

わたしのエナジー。






今日もありがとうございました。



明日は久しぶりの…
わくわく
22:21  |  加藤彩也香  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'12.03 (Sat)

Come back to Hokkaido



北へ向かうフェリーのなか


約19時間の船旅です。


お風呂にはいって、ゆっくり寝て、

これから過ごす時間をわくわくしながらイメージ







気持ちいい場所で太陽のもと にぎってきた 美味しい しらすおにぎり食べながら日向ぼっこ




尊敬する大先輩
247さんやGoroさん、Digasさんらが手がける
フリーマガジンHAND





なんどもなんども読み耽って、そのたびに胸に響きまくる。シビれる写真にことば。






夕陽がまた綺麗で。


あっというまに北海道、苫小牧東港に到着。



まず向かうは札幌


スノーボードにのめり込んでからは小学校高学年から冬は北海道にいることが多くなり色んな思い出がある
この土地にひさしぶりに来れたしあわせ。



夜は幼いときからいっしょにスノーボードしてた北海道ローカル若手ライダーたちのイベントへ





みんな滑りはもちろん、うちに秘めたものもすごくアツくて、いつもすごくいい刺激をうけてます。


札幌のスケートムービーもみれたり、いろんな人たちと会えて、話せてすっごく嬉しかったなぁ





北海道ローカルの先輩方から雪情報も沢山得て、札幌国際で滑ってからの


さらに雪をもとめ、第二の故郷 旭川へ。


旭川へ来るたびに中学生のときからお世話になってる

大好きな友人家族のおうちへお世話になっています。




美味しいジンギスカンとあったかいおうち


旅先はいつも以上にみんなの温かさや優しさにジーンときますT_T
しあわせだ~~


今日は士別の日向スキー場へ







カチカチにちょっと降った新雪

むずかしいしアブナイけど、ハードなコンディションもきらいじゃない



それでもやっぱり雲の晴れ間から太陽が射すととっても気持ち良い~~



良いときばっかりでもないし、わるいばっかりでもない。


良いときは最高!!


どんなときでもその状況を楽しめる自分で在りたいな。



あしたはリンクスでスノーボード。

気温も下がって良い雪降ってます

わくわく


16:54  |  加藤彩也香  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'12.02 (Fri)

かえる場所


志賀高原、熊の湯スキー場へ。





標高約2000メートルほどまで登ると一気に冬へ。


植生も変わってくるから面白い。



太陽と青空と雪。


この景色にこの日もまた心奪われているのであります。

宇宙からのメッセージ。


コースもまだ開いてないところもあるけど、それでも充分面白い!


コースも広くて、天然雪、気温も低くて雪質も◎





向こう側には雲海の上に顔を出す雄大な北アルプス。






芽育 雪板の淳さん、Yone film のおふたりと。

いつもいろんなことを教えてくれる 大好きな大先輩であります。



張りのある木を手で削り、足は固定せずに雪を滑り降りるユキイタ 。


シンプルだからこそ、すごくすごく楽しくて奥が深い。


ドキドキと高揚感、スリル、伝わってくる足裏の感覚。

柔らかい雪の上をたまにゴロンゴロンもなりつつ、最高に楽しくて大好きになっちゃいました。




淳さん






Yone film 最新作 【Free foot jam】ではスノーボードさながら、

あんなにおっきい斜面や急な斜面をガンガン攻めていて、

すっごくスタイリッシュに滑ってる姿や雪板だからこその愉しみ方を感じれて感動。


そしてそこに込められた想いや、

ハンドシェイプで一本ずつ手作りされる創り手と木の温もりを感じる雪板は日本のソウル、魂、こころ の部分も含めて



すっごくかっこいくて。素敵です。






ちょっと登れば植生が変わってくるように


いろんなとこの面白い場所や楽しいもの、


綺麗なもの、美しいもの、素敵なもの。


たーくさん 、たくさん あるんだなぁ



志賀高原はトップシーズンになると、

さらに愉しくて面白い場所が沢山あるそうなので、また今年の冬 来るのが楽しみ。


知らないだけで、本当にまわりには良い山や良い雪、素敵な人たち、綺麗な景色に溢れてる。


だけど、もちろん 自然は 厳しくもあるから


常に意識を持って向き合いながら、


焦らず一歩一歩だけど


まだまだこれから、いろんなところ 登っていきましょ。



やっぱり山の上にある世界やここだから見れる景色が大好きだ


今夜から 北へ向けて出発。
修行の旅へ出発。
わくわく
12:40  |  加藤彩也香  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'11.27 (Sun)

一歩ずつ

先日、鷲ヶ岳でシーズンイン!

一昨日も鷲でスノーボード。


やっぱり空の下スノーボードできるだけで最高に幸せだ~~


冬の朝は早いです。

日が昇る前から動き出します。

準備して、出発。





朝陽が昇るのと同時に、キラキラに輝く雪化粧した山と青空。

何度見ても、感動する。

幾度となくこの景色のなかにいれる幸せを感じただろう?

そして まだまだこれからも。





シーズン初めは、いつも良い刺激をくれる、いろんなフィールドでスノーボードを追求するライダーの友人たちともセッション出来るのもすごく嬉しくて。たのしい!

人工雪で出来た地形で遊ぶのも大好きです。

朝イチからラストまで、最後は雨に打たれながらでも終始笑顔が絶えません。


昨シーズンとは少し違う足裏の感覚とからだの柔らかさ。


想像するだけで、わくわく、ゾクゾク、ドキドキする  あんなとこや、あんなことのために

全開でいける準備。







たべものも。


せっせと干し柿をつくったり。


甘いものも大好きっ
でも、白い砂糖はほどほどに、出来るだけ自然な甘味をいただきます。
お料理に使う砂糖も、上白糖よりサトウキビ本来の甘味が活きてる黒糖を使っています。



渋さが甘さへと変わるなんて、すごいなぁ~~

ひとも老練されていくと、こんなふうになっていくのかなー

なんて考えながら100個くらいひたすらむきむき。


干し柿は山での行動食にもなります。


出来上がるのが楽しみ。


ちょっと手がかかっても、そこに至るプロセスや想いが込められたものがやっぱりすきなんだな〜

22:29  |  加藤彩也香  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。