2020年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2020'05.10 (Sun)

FREERIDE WORLD QUALIFIER 2020


12月中旬から滑り込みにいっていた北海道から、1月上旬に長野・ホームマウンテンの麓へ。

帰路の道中にそのままライダーズミーティング。
毎年楽しみにしている「FREERIDE WORLD QUALIFIER」、「FREERIDE WORLD TOUR」が開幕です。

数年前から白馬にて開催されるようになった同大会は自然の雪山を滑るフリーライドの国際大会。


初年度は3位入賞、昨シーズンは4位で悔しい結果でした。
これでは終われないと昨年の自分にリベンジする気持ちで参戦することにしました。

フィールドは自然の雪山。
人の手の加えられていない自然の雪山は美しくもあり、一歩間違えたら命に関わるとても険しい場所でもあります。

大会中は沢山の雪山のプロフェッショナルな方々のバックアップや、もしもの時のレスキューの方々も常にスタンバイ。
けれど、相手は自然の雪山・バックカントリー。普段と同じように気を引き締めて。


数日間の大会期間前半でのライダーズミーティングや斜面チェック。

fwq2.jpg

fwq4.jpg

滑る斜面のことやいろいろな注意点を確認したり。

バックカントリーでは事前に滑って練習はなく一発勝負です。

斜面の写真を見たり、実際に対面の斜面から滑るラインや要注意な場所の確認、雪の様子、もしスラフがおきたときはどう動くかなどなど色々なことを想定し実際に滑る時の視界を思い浮かべてよくイメージを膨らませます。


よく見ること・知ること・感じること がすごく大切で危険も回避することにもなれば、より楽しく滑ることにも繋がってる。
普段滑るときから大切にしていることのひとつ。


大会の当日は夜が明ける前には準備をして、山の上へ。

fwq3.jpg

ゴンドラに乗っているとちょうど朝日がのぼってきて、朝日に照らされた北アルプスは最高に綺麗でした。

勝負の日だけどやっぱり原点は、心を揺れ動かすこんな景色とスノーボード。



ビーコンやアバランチギアのチェックをし、いよいよ始まりです。

昨年は気持ちよく滑れたものの、悔しい結果に。色んな思い入れもあって今大会は自分の中ですごく勇気のいるリベンジでした。


「負けて気づくこともあるよね。」

とRIDEチームの先輩で長野オリンピックハーフパイプオリンピアンのミヤケンさんの言葉通りで。

その気持ちを忘れずに一年。



今回は大会といえども 勝ち負け に拘るのではなく、のびのびと、ただただ自分のできる限りの 良い滑りをしよう という気持ちで挑みました。


コンディションはちょっと重めの新雪、ボコボコ、いつもより少なめの積雪だったこともあり岩が沢山出ていたり危ないポイントが薄い雪に隠れていたり、硬い雪と新雪、場所によって全然違う雪質だったりと中々ハードなコンディション。


カッコよく、自分の思い描く良い滑りができたかというとまだまだ。けどフロウ(流れ・リズム)とコンディションに合わせたスピードコントロール、遊び心、、精一杯、滑れました。


滑り終えるころには緊張と荒れた斜面で息が切れるほど必死だったけど、、、楽しかった~!
 滑り出したら頭の中であれこれ考えすぎないのですが、唯一、
気持ちで負けて転んでたまるかと絶対自分に負けないぞっていうのだけは強く思って、目の前のスノーボードに集中することができました。

一本の滑りにこんなにも熱く、懸命になれる。言葉に出来ないほどの楽しさ、感動、燃える何か、フリーライドのこんなところが大好きです。



そして結果は、、、

fwq.jpg


優勝でした!



表彰式では照れくさくて泣かないぞとこらえてましたが、去年の悔し涙からやっと真ん中に立てて。今年は影ながら嬉し涙でした。

まだまだだと思うことも多々あるけれど、そんな気持ちも糧となってる。
スノーボード、楽しいなぁ。幾度となくその気持ちが更新されていった冬でした。


そして、沢山の方からの祝福のメッセージもすっっごく嬉しかったです。
自分自身も嬉しいけど、皆が喜んでくれたり、笑顔になってくれるのが何よりうれしいです。本当にありがとうございました。


そしてついに、画面越しに見ていた 最高峰のフリーライドの大会、FREERIDE WORLD TOUR 白馬戦に参戦することに。
FWTは今シーズンの中でもとくに思い出深い素晴らしい舞台でした。
FWT編は次回へつづく
11:33  |  加藤彩也香  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2020'04.23 (Thu)

Thank you

久しぶりの更新となりましたが、変わらず元気いっぱいです。

シーズン中はスノーボードに没頭デイズだったので、更新できずでした。ごめんなさい


小雪のシーズンとは言え、毎年毎年最高に良い冬を更新していってます。
今シーズンも思い出深い場面ばかりです。新たなステップに進むこともできました。

何より、こんなシーズンを過ごせたのはいつも支えてくれる沢山の皆さんのおかげです。
緊張感のある場面でも、沢山の温かい応援に本当に力をもらいました。

離れた場所からではありますが、まずは心より感謝の気持ちを込めて。

h1.jpg

 




00:08  |  加藤彩也香  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'11.15 (Fri)

サーフィン。冬に繋がるこんな時間。

sf5.jpg

雪のない時期は海へ。
ちょっと前まではツラさ8割楽しさ2割だった笑)サーフィンも、やればやるほどどんどん楽しくなっていっています。

こちらに打ち寄せてくる波に向かって向かって。
どんなに揉みくちゃに打ちのめされても、笑って「悔しー!もう一回!」ってなれる。

”最高!”に至るまでのプロセス。



sf6.jpg


今年は海の上でスペシャルな出逢いもありました。
実家の九州へ帰省した際に、一人で向かった宮崎サーフトリップ。久しぶりの九州の海は水着で入れる気持ちいいファンウェーブ。
空いているところでひとりで波乗りしていると、隣にすっごく上手くてかっこいいサーファーが。

パワフルだけどしなやかでスタイリッシュな波乗りに一瞬で目を奪われた。
目が合って微笑み返してくれたその人はなんと、キングと呼ばれるトッププロサーファーのケリー・スレーターさんでした。

まだまだへたっぴな私でも入れるような優しめの波でも最後の最後まで大事に波に乗る姿、たったの一目で感動してしまうほどの波乗りに胸が熱くなりました。
良いものを魅させてもらいました。感激。

ちょうど宮崎ではサーフィンの世界大会が行われていてそのために来日していたそうです。

初めてサーフィンの大会を生で観戦してトッププロたちのライディングにシビれまくりでした。
DJ HASEBEさんのDJやアーティストのライブもありフェスのような雰囲気でとっても盛り上がってました。

sf4.jpg


海の上での時間からもたくさんのことを教えてもらっています。

雪のないこんな時間も、冬に繋がる。


sf3.jpg

サーフトリップのときも車に保存食を積んで。
レトルトカレーにじぶんで育てた野菜をもりもり入れたカンタンしあわせご飯。

日本海はだいぶ寒くなってきました。
寒さと波の大きさにしり込みしそうだったけどめげずに入ってよかった!
挑戦の連続です

sf2.jpg


22:54  |  加藤彩也香  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'11.07 (Thu)

横乗日本映画祭。作品の持つチカラ


今年で八回目となる【横乗日本映画祭 白馬会場】
エイブル白馬五竜スキー場エスカルプラザにて開催されました。

こちらの映画祭はサーフィン・スノーボード・スケートボードの”横乗り”をテーマに、日本国内で撮影された作品や日本人による作品など日本にフォーカスした選りすぐりの作品を上映する映画祭。

yne5.jpg


200名オーバーのお客様にご来場いただきました。

また同日に開催したガレージセールでは各スノーボードメーカー様や、マッサージのマウントケアさま、美味しいフードやスウィーツ、コーヒーなどの出店も。

yne.jpg


私自身もスポンサーメーカーさまの兼ね合いで使用できずに家で眠っていた大会の賞品たち(ウェアー、アパレル、ギアなど)を出店させていただきました。
今回の映画祭・ガレージセールでは売り上げの方を台風19号災害支援金に充てさせていただきます。
映画祭のエントランスに設置させていただいた募金箱の方へも沢山のお心遣いをいただき、本当にありがとうございました。

長野県は先の災害で大変な時期ではありましたが、こんなときだからこそ(何とか無事で居れたからには)前を向いていきたい。
じぶんたちのできる形で支えていきたい。応援していきたい。私も含め多くの方がそう思っています。

ボランティア後に駆けつけてくださったスノーボーダーの方も。

滑り手・創り手の情熱と命を懸けて創り上げた「作品」にはすごい力があって。言葉にするのはむずかしいけれど胸の奥から熱くなるようなそんなパワーをもらいました。

今回は私の出ている作品は上映はなかったのですが本当に良いものも魅させていただきました。BIG UP.

来年はいよいよリリース予定です。
数シーズン撮り溜めていた映像と今シーズンの撮影を経て、皆で良い作品を創り上げて沢山の方々にお届けできたらと思います。
ぜひ楽しみにしていていただけたら嬉しいです。

whs.jpg


whs2.jpg

いつも支えてくださる方々、応援してくださる方々のおかげでこうしてスノーボードに情熱を注げます。
いつもありがとうございます。





00:05  |  加藤彩也香  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019'11.05 (Tue)

できることから一歩ずつ

nagano.jpg


今日は台風19号の被害が特に大きかった長野市津野地区のお寺さんの掃除のお手伝いへ。


胸が締め付けられるような光景のなかでも、地域の方々の強かさや温かさに涙出ちゃいそうでした。

ほんの少しでも支えになれればと思ったけれど、逆に自分自身がそんな背中に沢山学ばせてもらったりして。

地道に、一歩一歩。まだまだこれからだ!

女性でも手伝えること沢山あります💯
ボランティアセンターに行くと親切な案内なども。

#Onelove
23:42  |  加藤彩也香  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT